my favorite jazz cd

you and the night and the music

Chet Baker Live From The Moonlight CDついに復刻

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

chet-live-from-the-moonligh.jpg 
またしてもChet Baker Live From The Moonlight
最近ヤフオクでちょいちょい見かけるのでもしかすると近々再発されるのではないかと思っていたところやはり。
ローチケHMV限定復刻盤で7月再発されるようです。
おそらくあっという間になくなり市場に出回るのは一瞬と思われます。
ほんと、いいですから聴いて損はありません。
手元にありますけど、もちろん予約しました。予備盤として。

でもこういった情報、ヤフオクの出品者、知っていたとすればどっから手に入れてくるんでしょうね。

神保町、香りに誘われ穴子海老天丼

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


ピントが合っていないけど、これは筆者と同じ。
神保町でカレーを食べようか、とボンディまで行ったら昼前なのにもう行列。
並んでまでカレーを食べなくともいいや、とすずらん通りを東京堂書店を冷やかしながら歩いていたらなんともいえないいい香り。
看板には穴子海老天丼。この香りをかいで食さずにいられりょか。

予備知識もまったくなく入ったものだから、素直に美味かった、満足。

また東京まで出て行ったのは、もう一度バベル、いやそれよりもボスを見たかったため。
The-Pedler.jpg 
放浪者、今を逃すともう見ることができないと思い再訪。
しばらくこの絵の前から動けませんでしたね。

それからもうひとつは、重文の風神、雷神が東博で公開されているため。

raijin.jpg 

fuujin.jpg 
一年中いつでも見ることができるわけではないの公開時期をまめにチェックしないといけない。
何度も何度も屏風の前を右へ左へとうろちょろしました。

そういえば東博のそばに昔の京成電鉄の駅跡がありましたね。
ずっと気になっていた、確か上野に京成の古い駅があったようなとずっと気になっていたのですがやっと解決しました。
keisei-eki.jpg 
この京成旧駅舎の前で上島珈琲の黒糖ミルクコーヒー、アイスで。
のどが渇いていたから美味かった~。
kokutou.jpg

その後は40年ぶりに谷中銀座へ
yanaka.jpg 
40年前に訪れたときはまっさらな下町の商店街といったところだったけれど、今はかなりの観光地化。
良いとも悪いともいいませんが、自分も観光者と同じだから。


一日の最後に再び千歳烏山ラグタイム。
ragtime.jpg 

都心の今風のおしゃれなジャズを聴かせる店よりはこういった味わいのある店のほうが好きですね。
一年振りなのに、私のことを覚えてくれていました。

今日は絵日記風に書いて見ました。

Unreleased Art, Vol 1 The Complete Abashiri Concert

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

abashiri-concert.jpg
こういったアルバムで何が面白いかといえば、サイドメンがすばらしく燃え上がるということ。
Art Pepper に引き摺られたということだろう。

これが"The KId"としか知られていないだろう少年がカセットテープに録音していたものだとは。
網走というところはジャズに萌えて、いや燃えていたところだったようだ。

今日は車で数分走ったところにあるジャズを聴かせる、と自称の時々ライブも行うという店に行ってみたのだが120パーセントの期待外れ。
店に入るなりカウンターでは雇われと思われるカウンター内のおじさん相手に禿頭の爺が大声で世間話と人生論をぶっていた。
オーナーと思われる爺さんは古いアルバムをとっかえひっかえターンテーブルにのせていたが誰も聴いていない。
おばさん二人は大きな声で世間話。
お金持ちが道楽で始めた店だからしょうがないのだろう。

この街にライブがあったってみんなオンビートで手拍子打つからなあ。Ray Bryantなんかかわいそうだったなあ、ステージで演奏しながら何度も何度も"Hey,Hey"といいながら拍を戻そうと懸命にピアノを弾いていた。

この街には何も期待するものはない、ただ静かに一人でジャズを聴いて過ごしていくだけ。

BORN TO BE BLUE と MILES AHEAD

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


BORN TO BE BLUE と MILES AHEAD どちらもこの辺りでは上映されなかったのでBlue-Rayの発売を待ってやっとみることができた。

BORN TO BE BLUE、意外と短い映画でした。でもEthan HawkeがだんだんChet Baker に見えてくるから不思議。
それにくらべてMILES AHEAD あれはどう見てもマイルスじゃない。内容も荒唐無稽。バックに流れる音楽で救われている。
MILES AHEADのDon Cheadle よりもBORN TO BE BLUEに出てくるマイルスのほうがどう見てもマイルス。
マイルスの鼻はあんなに横に広がっていない。

don-cheadle-miles-ahead.jpg 
ユアン マクレガー、どっかでみたなあ、と思ったら オビ=ワン ケノービでした。



このBORN TO BE BLUEを見た後に映画Let's Get Lostを見ると段違い。

Ethan Hawkeも熱演だったけれど、同じMy Funnny Valentine これを本人の演奏で聴くと、やはりこういったミュージシャンを映画化するには無理があるなあ、と思ってしまう。

Chet Baker のMy Funnny Valentine
意外と知られていないこのアルバム、デザインはひどいがここでのMy Funnny Valentine がいいです。
それとその次に収録されているAlon Together これもいいです。
sings-again.jpg

What Are You Doing The Rest Of Your Life?

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

buenos-aires-1973-vol2.jpg
What Are You Doing The Rest Of Your Life?
これからの人生、なんて訳しちゃいけない。

これはなんといっても
What Are You Doing The Rest Of Your Life?
そのままでしょう。

これからの人生、ではこの曲の深みが出てこない。

Bill Evans のこの曲の演奏、他には
half-moon-bay.jpg 

もう一枚、
bill-evans-paris-1972.jpg 

どれもいいです。
一時期、よく演奏したようだけれど、
Turn out,Consecration,Last Waltz では聴くことができない。
The Shadow of Your Smile も同様に、後年まで演奏し続けることはなかったようだ、アルバムで聴く限りでは。

Bill Evans の演奏を年代で整理したら面白いでしょう。

あらためて
What Are You Doing For The Rest Of Your Life?

聴けば聴くほど沈潜します。

もう一枚、ここでも聴くことができます。
the-secrete-sessions.jpg 

さらには
momentum.jpg 

時期が同じようですね。最後のトリオでは演奏していないようです。

Consecration 今夜は我が家がキーストンコーナー

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


8枚組ともなると、なかなか通して聴くのも容易ではない。
PCのハードディスクがカリカリと音を出し始めたので1Tのものに変えたついで、Bill Evans のBoxもの Consecration,The Last Waltz,Turn Out The Stars,The Secret Sessions これら全てを itunes に取り込んだ、もちろipodにも転送。

オーディオ装置で聴けばいいのだが、ちと面倒。PCにオーディオテクニカのポータブルアンプを接続してヘッドホンで聴いている。

深夜自分だけのライブハウス。
音の歪み、ピッチ、そんなことは気にならない。

全集本もそろえるのはそう難しくはない、お金と探す根気があれば、CDとても同じこと。
問題は読むか、聴くか。
通して読む、聴くは難しい。ならばitunesに取り込んだものを一覧で曲を見ながら聴いてみる。
その中で気に入ったものをオーディオ装置でじっくりと聴いてみよう。


Miles Ahead Blue Ray 見たけれど、感想はBorn to be Blue を見てから。