my favorite jazz cd

you and the night and the music

Woody Shaw Dr.Chi

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


どうも変わったアルバムデザインだが、これを聴けば

ドアを通して漏れ聴こえる熱い音、ドアを開ければ耳に飛び込んでくる熱い音の洪水。
かつてのジャズ喫茶のALTEC A7 からは、こういったジャズが聴こえていた。

おしゃれな音楽などでは絶対無い。それがジャズ。
教養でも、格好いい音楽でもない、それがジャズ、だよね。

したり顔で論ずるのはスノッブ君に任せて置いて、聴きまくろう Woody Shaw。

Hannibal

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

hannibal.jpg この像の鼻先がラッパになった特異なジャケットデザイン、いいですねえ。

Hannibal Marvin Peterson,現在はHannibal Lokumbeという名前で演奏しているらしいが。
70年代、Hannibal Marvin Peterson,Charles Tolliver,Woody Shaw 彼らは熱く吹きまくっていた。

新宿、池袋、のジャズ喫茶へ入るとこういう演奏がドアを突き破って体に飛び込んできた。
渋谷ではそういう類の演奏は流れなかった、BYGではもっと前衛の演奏が流れていたようだが。

どうも自分の中では東京の70年代のジャズ風景から一歩も先には出ていないようだ。                           

これは独MPSの重いレコード。

大石学 米木康志 DUO

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


仕事から帰ってくると、食事の前に風呂、毎日欠かせない。だって、気持ちいいんだもん。
お酒と食事、その後二階のの自分の部屋に引き上げてからが一日の最高の時間。
まして、注文していたCDが届いていたとなれば、これは最高。

今日は、大石学、米木康志のDuoアルバムが届いていた。早速聴き始める。

この米木康志は、本田竹広との演奏、大給桜子とのDuoでその演奏を聴き、最高のベーシストだと思っていた。

全編大石学オリジナル。地味なアルバムである。だけど、今後聴き続けて行くとやめられなくなるのは間違いない。

限定40枚、少々追加ということだけれど、聴きたい方は今しか手に入れるチャンスはありませんぞ。

NEW YORK MOMENTS Karin Krog

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


Karin Krog はデクスターとの競演盤をお気に入りで聴いていたけれど、この盤が発売されたとき、一度オーダーしたけれど、他に聴きたいものがあったのでキャンセルしてしまい、それっきりになっていた。

今回、新品ではもう手ん入らなくなってしまっていたので中古で購入してみた。

スティーヴ・キューンのピアノと一緒にいい歌声を聞かせてくれます。
デクスターとの演奏と違ったいい声ですね。
それにしても、スティーヴ・キューンを知性派ピアニストだなんて表現、それじゃ、他のピアニストは非知性派なんですかね?
批評家なんて、黒人にしては***なんてものの書き方をしている輩もいるし、日本人は黒くないことに優越感を持っているのか、また白くないことに劣等感を持っているのか。それが証拠に、巷には髪を金色に染めたものがうようよいる。金髪に染めた黒人、黒く染めた白人なんているのだろうか。

ありゃりゃ、また脱線してしまった。

人とかかわらず家で聴いているのが一番いいようですね。

まったく無題

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

知人は、自営業の傍ら子供たちに自然観察の楽しみを教えている。
「都会からこっちへ来た連中は皆同じだー」
「俺たちは無知蒙昧な田舎の連中に教えに来たんだ」という態度は彼らに共通しているとのこと。
うまくいかなければいつの間にか消えてしまう。

そうするってえと何かい、ご隠居、そりゃあつまりあれだね、西洋の宣教師が野蛮人の世界にやってくるようなものですかねえ?

タウン誌にもしょっちゅう田舎暮らしを推進するNPO法人を立ち上げたとか出てくるし、それを提灯持ちする地元の連中も出てくる。
甲子園にしたって、自分の所在では出場がかなわないものだからレベルの低いところなら俺だったらトップクラスでいられるだろうと引っ越してくる連中と何の変わりもない。

そんなことを考えながら、まったくそれとは関係ないこんなCDでも聴いてみますか。
a-tribute-to-mal-waldron.jpg
1曲目、SOUL EYES これが最高ですね。
山下もいけれど、ここでのBass,これがどうしようもなく、いい。