my favorite jazz cd

you and the night and the music

Brilliant Figure 大給桜子

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

brilliant-figure01.jpg 
15の年でジャズを聴き始めてから四十数年目にして初めて最高のアルバムに出会いました。
自主制作盤で300枚しか出なかったというアルバム。
You Tube では最初の一曲だけ聴くことができます。

ちなみに、見開きは大給桜子さんのイラスト入り。
 brilliant-figure02.jpg 
Brilliant Figure は最高に美しい演奏です。

CDでBallad Night ,LPでメモリーズ・オブ・ユーもあるのですが , それ以上。

先日、ヤフオクでDeep in Autumn 競り負けてしまいました。
次があれば、絶対手に入れよう。
もし、大給桜子のアルバム、手元にあって手放していいという方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。

Star Mythology これもぜひ手元におきたいアルバムですね。

我が家のアナログプレーヤーも再起「したので次はぜひともこれを手に入れたいと思っております。 

兵馬俑、disk union、築地場外

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

なんだか三題話のようだけれど、何のことはない。
久しぶりに東京に行って訪れたところのお話。
heibayou.jpg 
東京国立博物館で開催中。撮影してよい画像はレプリカ。
音声ガイダンスは借りなかったが、誰の声?
なんと、壇蜜。
兵馬俑と一緒にハアハアしましょっ、てことかな?

展示してある数が少なくて迫力には欠けた。
ただ、映像で兵馬俑が彩色してあったということで、彩色の保存されたものを元にCGで復元された色のある兵馬俑の映像は圧巻だった。

中国って、始皇帝の時代も今も何にも変わっていないなあと思った。
だって、今は共産党王朝でしょ。しかも中華帝国主義の。

一般の展示物は年末のメンテナンス時期のためか、期待したほどのものは見ることができなかった。
風神、雷神はいつか見たいなあ。

上野の公園スタバで一服。
アイスコーヒーにホイップクリーム、その上にコーヒー豆のクラッシュしたものをのせたもの、美味しかったなあ、のどが渇いていたから特に。

その後はいつものごとくdisk union jazz tokyo
98,000なんて値札のついたLPを抱えて歩いている方もいらっしゃった。
こちらは安いのしか選ばないからなあ、今回は山本剛のLive at 美巣亭vol.2、大西順子をGET

その次は、
diskunion.jpg 
新宿disk union jazz館。

なぜかいつも道を一本間違う。
ここでは大石学をげっと。

翌日はまたもや築地場外市場。
日曜日は場外しかやってないんだよね。

今回もまた、うに。
unidon.jpg 
濃厚うに丼。だそうです。

生クリームと卵黄を加えた昆布だしで仕上げたソース、ということで
見た目は、??? でもこれが美味しい。

帰りは御徒町のスタバでコーヒー豆購入。
それにしてもスタバの店員さんは美女揃い。

今回も都会の元気をいただいてきました。

JUST TRIO  大石学

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


月下草舎、山梨県北杜市小淵沢町にあるペンションでのライブ。

北杜市なんて名前、ヤだなあ、南アルプス市だって嫌。
平成の大合併でいい町名が消え、昔もそうだけど、行政なんてものはくだらない名前がお好きな様で。

ということはさておいて、大石学、これが始めてのライブレコーディングなのだとか。
大石学もいいけれど、ベースの米木康志、これがいいですね。
この人のベースの入ったアルバムがあれば買うことにしています。
この人が一緒に演奏するなら、そのアルバムのリーダーも演奏も間違いないですから。

大石学の演奏をBill Evans を持ち出して批評する人がいるけれど、Bill Evans はまったく違うなあ。

まあ、一曲目聴いて御覧なさい、Bill Evansじゃなくてまったく別のホーン奏者を連想しますから。

Good-Bye from WATARASE 板橋文夫

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

watarase01.jpg
板橋文夫のアンソロジー、しかもアナログがあるのみで入手困難なアルバム「濤」から2曲。

昔、新宿ピットイン、現在の紀伊国屋裏ピットインミュージックのあるところだろうか、そこで聴いた渡辺貞夫のグループでピアノを弾いていた姿が忘れられない。
なんといっても、汗を撒き散らし、椅子から腰を浮き上がらせてピアノに太い腕をたたきつける姿は圧巻であった。
後年、地元近くでコンサートがあり、二次会で隣で飲んだが、あの手のひらの大きさ、指の太さにはおどろいた。

余談ながら、知り合いの今は亡きラーメン店の親父さんの手も大きく、指も太かったなあ。
職人の手なのだね、板橋さんの手も。

Good-Byeも色々なアルバムに取り上げられているが「濤」での演奏を聴くことができるのはうれしい。

アフリカ物あたりから聴くことがなくなった板橋文夫、またこういったストレートな演奏を打ち出してくれないものか。

disc2は最初から最後までWATARASE、WATARASEを堪能できます。