my favorite jazz cd

you and the night and the music

うにがきこえる

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

DSC_0102.jpg 
東京に住んでいたころ、一度もいったことが無かったけれど、急に築地にいきたくなっていってきた。
なにやら怪しげな、歌舞伎町だったら足を踏み入れるだけで数万円が飛ぶんじゃないかという雰囲気だったが、税込み1,600円程度で済んだ。
雲丹もこのくらい食べると甘くておいしい。

その前にお茶の水に言ったのだけれど、ウニオンのJazz Tokyo を覗いたけれど、触手がまったく動かなかった。
ヨーロッパやらどこぞのジャズ風のミュージシャンの演奏を掘り出し物ののように騒ぐけれども、あれは聴き込むほどにつまらなくなる。
自分はこんなものをきいているんだぞー、と顕示してみるんだろうけれど、聴いてみればなに、そうたいしたものは無い。

ただし、Chet Baker などのミュージシャンと競演すると、とてつもなく良い演奏をしてしまう。
ほかの演奏者も同じ、超ビッグネームと演奏するとすばらしい演奏をするが、当人がリーダーとなってアルバムを作るとつまらない。
そこから抜け出すことのできるものはまったくごく一部。

何を書いているんだか。

神保町にこんな店もあったんだ。
DSC_0083.jpg
ガラス張りで見せるものはすべてハンク・モブレー。
悪くは無いけれど、オッ、俺も店内に入って聴いてみようという気にはならなかった。

しゃれては見えるけれど、どこか店内に進むことを拒むものが。
わかっているんだけれど、ジャズ者ならば同じ感覚を持つんじゃないかな。

新しくなったDUGやらなにやらも、今では入る気はまったくしない。

この御茶ノ水二ある★ARUも入ってみればジャズっぽい音楽の流れる、おいしくも無い飲み物を出す駅前の店。

ジャズ専門のCD, LPを販売する店も、ジャズらしい音を聴かせる店も、もう自分の好みにはまったく合わなくなってしまった。

一人、こつこつとChet Baker を集め聴いているのが一番いいようだ。

Solitude On Guitar

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


バーデン・パウエルのこのギターの小枝をパキパキと折るような音がたまらない。
フレットの上をヒュイッと指のこすれ、すべる音がまたたまらない。

マイルスのアルバムでも、ハーマンミュートをベルにギュイッとねじ込む音もたまらない。
サックスも指が動き回り、タンポがついていけず、遅れて離れる音もこれまたたまらない。
あ、これはメタルマウスピースかな、なんて想像するのもいい。

聴き続けてきてよかったなあ、こういった音楽。

ほら、雨が

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


数日前、なんだかコメントがあったけれど、何か胡散臭いなあと思ったら、やはりSPAMのようだった。
早速削除。それにしても、コンプータを駆使していろんなことをするのはたいしたもんだ。
その能力を別方面に生かせたらたいしたもんだが。

胡散臭い、といえば、この言葉、「兎くさい」と思い込んでいた男がいた。
怪しいのは兎の香りがすると思っていたらしい。

このアルバム、CDでなかなか見つからない。やっと手に入れた。

Here's that rainy day この曲、Milt Jackson がメロディをたたき出し始めると、まったく雨だれが落ち始めるよう。

こういうアルバムを聴くと酒が進んで困る、ですね。