my favorite jazz cd

you and the night and the music

Chet Baker Live IN Tokyo

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


Chet Baker、いつの間にかCDが50枚以上たまってしまった。
わがCDの中で1プレーヤーとしてはChet Bakerが最も多い。

Chet Baker Live IN TokyoはかつてLDでていたことがある。CDでは二枚に分かれて発売された。
これはその2枚を一緒にしたもの。

LDはまともな画像だった。(当時のアナログTVで観る解像度だから記憶も当てにはならないが)
手元に2種類のDVDがあるが、これは無残で眼も当てられない。おそらく、VHSを何十回もダビングしたものをDVDに焼いたものなのだろう。どこかにまともな原本があるはずなのだろうけれど。
日本ではいまさら、Jazz,しかもCDの販売自体が凋落しつつあるこのごろ、Chet Bakerなど再発してもCDを販売する側としては採算が取れない、だから出しません、ということになるのだろう。

書籍も同じ、見つけたときが買い。そのとき聴かない、読まないでもいい。気になったら即座に手に入れること。
後になって欲しい、と思ったときには手に入らない。とても手の届かない価格になっている、という経験はどなたもお持ちであろう。
聴いて欲しい、読んで欲しいと向こうが望むCD、書籍は棚の中からあなたに呼びかけているはず。おーい、俺はここにいるぞ、ってね。

で、Chet Baker 、晩年の演奏が好きだな。enjaでもthe legacy として晩年の演奏を次々と発売してくれるのでありがたい。
最初の来日のステージを聴くことができないのは残念だが、この二度目の来日のステージ、これは晩年の演奏の中でトップクラス。
このときは、覚醒剤抜き、メタドンだけという状態だったようだが、うーん、Chet Baker 、好不調はあったにせよ、こんなすごい音楽を作り出せる演奏家はもう出てこないだろう。

Chet Baker が気になった人は、「終わりなき闇」を読んでみるといい、それで益々Chet Baker を聴きたくなるようであればあなたはすでにChet Baker 中毒、もうChet Baker を毎日服用しなければ生きていけない。

let's get lost

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

lets-get-lost.jpg 
以前、LD持っていたけれど、度重なる故障で毎度万単位の修理代がかかったのでプレーヤーもディスクもすべて処分してしまった。
それから月日がたち、DVDの世の中となり、以前観たものがまた観たくなりやっとのことで海外から探し出してきた。そのころはアマゾンでもカタログに載っていなかった。
少々値段は高めだったが手に入れた。

ところがこれがNTSCではなく、PAL,PCで観る事ができてもTV画面では見ることができない。

そこでPAL→NTSC変換ソフトで変換。
これで視聴可能に。

そのうち、初代DVDプレーヤーも不具合いろいろあり、(DVD-Rが観られない等)PAL視聴可能なものへ、
これで万事解決と思いきや、今度はブルーレイの世界。

一度ブルーレイの画像を見てしまうと、モニターが20インチくらいならまだいいが、40インチともなるとDVD画質では観るに耐えない。

そこでこのlet's get lost、あった、あった、ブルーレイ。
早速手に入れて、さあ観よう。
でもここでまた問題が。

これリージョンBなのだ。うちでは観られないじゃないか。
ところが、何とでもなるものだ。

DVDFab Passkey という便利なソフトがあった。
これでリージョンを解除してPCで見ることができるようになった。
ついでにそれをImgBurnでディスクに保存したのでブルーレイプレーヤーでも観ることができるようになった。


「終わりなき闇」を読了してからこのlet's get lostを観ると、またいっそうChet Baker に引き込まれる。
「チェット・ベイカー その生涯と音楽」と比べて「終わりなき闇」のほうが、はるかに迫力ある。さまざまな書評では「終わりなき闇」はあまりにも…といった声もあるが、「終わりなき闇」を先に読むほうがお勧め。

晩年のChet Baker のCDを集め、聴いているが、Chet Baker のボーカルを聴くと胃袋の辺りをぎゅっと握り締められるようだ。
Chet Baker はさまざまな薬物の中毒だったが、こちらはChet Baker の中毒になってしまった。

このChet Baker 依存症は止めなくてもいいや。それ以上に利くものがあったら試してみるが。