my favorite jazz cd

you and the night and the music

この頃はみんなが前を見つめていた

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

 
久しぶりにこのアルバムを聴いた。
日野皓正全盛期の少し前のアルバム。

みんな、マイルスクインテットの模倣とコルトレーンの模写に励んでいた。

聴くほうも当然のごとくそれを求めていた。

模倣する対象が消えてしまうと皆、何をしてよいかわからず、ジャズらしいものを演奏することによって無理やり自分の存在を正当化しようとした。

自分なりに購入しないアルバムがある。
フュージョンと言うやつ。
マンハッタン・ジャズ・クインテットのジャズを騙った演奏。
寺●氏推薦とうたった盤。
これは絶対買ってはいけない。
ジャズを衰退させたのはこの人の見方、聴き方。
それから、最近の日本人女性の演奏するジャズと称して演奏しているやつ。

最近、過去の日本人ジャズのアルバムが続々と再発されているけれど、ま、最近のアルバムがどうしようもないものしか出てこないからしょうがないのだろう。

昔から、日本人のミュージシャンが来日した外人と競演したアルバムが数多くあるけれど、あれは買うもんじゃない。
同じく来日したミュージシャンが日本のレーベルに吹き込んだアルバムも多数あるけれど、これも買ってはいけない。
ただし、両者とも例外の素晴らしいアルバムもある。と言うことは、買ってみなくちゃわからないと言うこと。
その良い物にあたる確立は大変に低いと言うことだ。

先日、TVをちょいと見たら、女性ジャズピアニストと称するものがこの田舎に演奏に来る宣伝をしていたのだが、そのけばけばしい派手さ、ジャズの迫力はこれほども伝わることも無い。やはり、偽者だ、いくら一流と言われる外国のミュージシャンと競演したことがある、絶賛された、と言ったところで、それは世辞、それでしかないだろう。

Blue-rayでmilesをみる、聴く

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


Blue-rayは高いし、ジャズに関して言えばそれほどソフトも出ていないし、ま購入しなくてもいいか、と思っていたのだが。

The Road of The Rings,
この映画が大好きで、ちょいと大きな画面で見たくてモニターを23から27インチに替えた、と言ったところで。
どうも、DVDの映像の荒さが目立つ。アップスケーリング機能があるといっても。

最近は、BRプレーヤーも、かつてのDVDプレーヤーの価格以下で買える。
思い切ってBRプレーヤーに変えてソフトもBRに替えてみた。

(TVは部屋においていない。TV番組と言うものにろくなものが無いから設置する必然性を全く感じない。
新聞だって、似たようなもの。98パーセントの紙面は不要、無意味、紙資源の無駄。)

驚き、DVD,BRの優劣を論ずる向きもあるけれど、論ずること自体無益、無駄。

その映像、映画においては、監督の意図したところが強烈に伝わってくる、かつてDVDでみていたとき見過ごしていたものがはっきりと見えてくる。


この、milesにおいてはその意図等は全く度外視して、映像の強烈さに驚く。milesの衣装の生地の織り目までわかるのだから。
人、楽器の質感においては言うまでもない。

そして、音は、アンプに同軸ケーブルで接続しているので格段にいい。

古い映像だからそれほど期待していなかったのだが、とんでもない。

BRがあるものならば、これからはそちらを購入しよう。

幸い、このBRも輸入盤で価格もたいしたものではない。

探せば、変なDVDよりも、いくらでも安く入手できる。

You've Got To Have Freedom

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

 
pharoah-sanders-ljourney-to.jpg 
pharoah-sanders-africa.jpg
この三枚のアルバムで演奏されている曲で最も強烈な印象を残すのは
You've Got To Have Freedom

一番上のLiveをジャズ喫茶で初めて聴いたときはもう、なんと言っていいかわからない。
身も心もぐいぐいと引っ張られてしまった。
即座にLPを購入した。
CDで発売され、迷わず購入。

2枚目のJOURNEY TO THE ONE これは以前、You Tube でも一青窈 のもらい泣きをかぶせたものがアップロードしてあったが、これはばっちりとあっていた。削除されてしまったのは残念。

さて、3枚目のAFRICA、このYou've Got To Have Freedomも迫力満点。
ところが、残念なことにこのアルバムだけ現在入手はほぼ困難。福沢さんを連れてきて何とか入手できるか、と言うところ。


BLUE NOTE だとか、幻の名盤、或いは日本初CD化などとうたい文句はいっぱいあるけれど、昔の焼きなおし、しかもグレードを下げるか、無駄にグレードを上げるか、手を変え品を変え発売されるが、

最近のジャズといえば、売れ線の日本人女性のジャズの仮面をかぶった、ジャズらしく聴こえるものだけ、聴かせたいものより、売って儲けたいものだけが現れてくる。

何も期待しないで、で古いものをこつこつ集めて聴いて、あの世に行こう。