my favorite jazz cd

you and the night and the music

NEW YORK SKETCH BOOK

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

 
一曲目のFive Spot After Dark を聴いた途端、Jazzが鼻腔にツーンと強烈な香りをたてて染み込んできた。
ついで、心臓の周りをキュイーンと柔らかなピアノ線で縛り上げられるような感覚を味わった。

最後に生を聴いたのはソロコンサートだったが、Peace、あの曲は最高に良かった。

メンバーと曲の紹介なんて必要かな。そんなものいらないだろう。

情熱のピアニズム

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

 
前に、フランス輸入盤でこの映画を観たけれど、なにせフランス語は原書を辞書引き引き一冊読了した程度なので十分に理解できなかった。
それでもPetruccianiは伝わってきた、フランス語のわからない人に見せたけれど、その中身は十二分に伝わった。

字幕で自分の思い違いも訂正することができた。(字幕が正確に内容を伝達しているとしてだが。)

たいてい、洋画に邦題をつけた場合、陳腐、内容とかけ離れた、全然違う、などそんなもので配給会社のセンス、見るものを見下したタイトルのつけかたを感じるものだがこれはま、良しとしよう。

既出の映像もいっぱいあるけどれ観るべき作品だろう。(non stop travels のほうが好きだが。 )

購入するなら特典映像つきにした方がいい。

他のDVDで観ることのできる演奏だが、画質がいい。
Petrucciani を観たことも聴いたこともない人がこれを観たらPetrucciani 中毒になること間違いなし。

PHIL WOODS & The Japanese Rhythm Machine

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

 
若かりし頃、FMからながれてくるJazz,今では死後となったエアチェック。
夜に聴いたライブの録音放送、PHIL WOODS & The Japanese Rhythm Machineだった。
熱かった、カセットテープに録音して何度も、何度も聴いた。最初の曲のメロディーは今でも脳の奥から離れないでいた。
その曲はWindows だった。といってもMicrosoft じゃないぞ。

何十年も過ぎた今、超安値で手に入る。

musique du bois ,そのほか有名すぎるアルバムも数多くあるけれど、このアルバム、ジャケットデザインはよくないけれど、
最高だ。最初の曲Windows を聴くだけで嗚咽がこみあげてくる。