my favorite jazz cd

you and the night and the music

The Long Goodbye

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

long-good-bye-01.jpg long-good-bye-02.jpg long-good-bye-03.jpg   
地元の洋画専門の映画館で見たのは何十年前だろうか。その当時は何かの映画と二本立てだった(?)。
同時にボッカチオのデカメロンだったか、ドミニク・サンダの出る初恋だったか。
確か女性と一緒に見たような気もする。高校のときのような気がする。

この映画を観た後に原作を読んだが、原作はほとんど印象に残っていない。
チャンドラー好きがきいたらけしからんというかもしれないが。

ネット上でも批評、評論はあふれているけれど、その中身は何も覚えていない。
しかしながら、この映画そのものの中身、音楽ともに長いこと頭の中に残っていた。

VHSも買ったような気もするし、DVDは二度購入している。さらにはBlue-ray も購入した。ただし、ブルーレイはリージョンBなのでリージョンフリーのプレーヤーで見るか、PC上でリージョン解除してみるしかない。

powerdvd,windvdともに画面のキャプチャはブルーレイの場合できない。dvdfabは可能。

上段画像はオープニング、アパルトマンの一室で明かりも消さずにまどろむマーロウ。
こんな生活にあこがれてしまったその昔。

中断、猫に起こされ餌を探すが、"empty can,empty can"といいながらキッチンを漁り、やっと見つけたキャットフードで餌を作る。

下段、お気に入りの餌ではなかったため、猫殿はそっぽを向き、マーロウは深夜のスーパーへ餌を買いに。

今では24時間営業の店も珍しくもないし、この映画が封切られたころは「開いてて良かったセブン・イレブン」なんてコピーは登場していない。このコピーが巷にあふれるようになるのはこの二、三年後。
しかし、深夜にマーケットが開いているということもごく当たり前に感じられた。唯、店に入るなり、マッチに火をつけ、煙草を吸い始めるのには驚いた。
そのころは映画館も禁煙ではなかったなあ。煙草の煙越しに映画を観ていた。

懐かしい映画も探せばけっこう観ることができるのはうれしいですなあ。

スター・ウォーズ フォースの覚醒 3D

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

images.jpg
スター・ウォーズ フォースの覚醒は昨年末、2D字幕版をみて、じゃもう一丁3D吹き替えも観てみよう。

かつて、ハウステンボスで初めて3Dを観たときほどの驚きはなかった。
3Dとはいうものの、あれで立体感を感じろというのはちと厳しい。
あえて言うなら、紙で作った人形を奥行き持たせて並べたものを動画にしたような。
そういう立体画像見たことあるでしょう。
部分的には手元に伸びる迫力ある場面もあったけれど。

映像が2Dと比べると暗い、映像に鮮明さがない、吹き替えではどうも迫力が出ない。

2Dの方が脳内で想像力を働かせて観ることができる。

ストーリーそのものはエピソードⅣの繰り返し。
でも決して非難しているわけではない。
だからこそワクワクしながら観ることができる。

でも、悪役のカイロ・レンはちとひ弱すぎ、そこがそういう設定なんだろうけれど。

ヒロインのデイジー・リドリー、綺麗ですね。で、フィンは マスターウィンドウの子孫か?

映画っていいですね。

それにしても2D,3Dいずれにしても観客の少ないこと。妖怪ウオッチには負けるか。
少ない観客も若くない人の方が多かった。