my favorite jazz cd

you and the night and the music

スポンサーサイト

Posted by starraney on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I CALLED HIM MORGAN

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


Amazon でブルーレイ発見。
まだ最後までみていません。

今まで見た事のない画像が次々と出てきます。
それだけでも十分。

ヒアリングはとても力不足なので英語の字幕を出してみているのだ。

かつてLee Morgan が射殺されたとき、京都にいた同級生から葉書がきて
「Lee Morgan が射殺されたそうだ。いい死に方をした。」とあったのが今も忘れられない。

評論家などは時代に取り残されたなどと晩年の演奏をこき下ろしていたが、全く聴く耳を持っていない。
時代に迎合するものに迎合する評論家は今もいるのは間違いない。
ただし、過去しかみないで昔は良かった、といってJazzは小唄だー、などとわめき散らすのが幅を利かせるというのもいやだなー。

この映画、映画館で観るのはちょいとたいへんなのでブルーレイ入手できてLucky!!



追記

最近You Tobe を梯子していて吉田野乃子という人のサックス演奏を聴いたがこりゃひどい。
最初に40年以上前のまともな演奏のできないジャズ奏者もどきがよくやったでたらめなフリーキートーンで演奏を始める。
その後綺麗な綺麗な音を聞かせようとする。耳ざわりのいい音を引き出すために最初にでたらめな音を出したのか。

大西順子も復帰してから、菊池何とかと組んでから全くつまらないですね、あのアルバム3000円も出して買う気が起こりません。
数年すれば中古市場で500円以下でしょう。

どうして最近のジャズ奏者を気取るかたがたは耳に心地よいと思われる演奏ばかりするのでしょう。

ハートにズシンと来る演奏を聞かせてくれる人はいませんか。

スポンサーサイト

Lee Morgan

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

 
Lee Morgan が古い?Wayne Shorter との共演アルバムで誰かが書いていた。
Wayne Shorterの先進性に対してWayne Shorterは古色蒼然としている、文章は違ったがそういう意味であった。
限界を感じるなどと。ああ、批評家はこれだからダメなんだ。しかもそれを飯のタネにしているからなおいけない。

日本人の軽薄、軽率なJazz Men がアフリカっぽいタイトルの演奏をすると、アフリカ回帰演奏だ、などと褒めちぎる変な連中もいたしね。なんで日本人がアフリカへ回帰するのかね。
連中の大好きなBill Evans ,Miles Davis ,彼らはアフリカ回帰をしなかったから、先進的でもなく時代を先行していなかったといいたいのだろうか。幸い最近はそういったことを聞かなくなったようだけど、演奏そのものが軽薄化、難しぶったものしか見当たらない。あ、この間好きな日本人ミュージシャンのDVD買ったけど、ピアノの女性と、ベースの男性、ひどかったなあ、ピアノはイマジネーション不足、ベースは弦をつま弾くたびに手を中空に遊ばせ、そのくせ音は何も残らない。

Lee Morgan のトランペットの音はトランペットのベルの形そのままの音だ。このアルバム、見ているだけで音が聞こえてくる。
東京生活最初のジャズに関したニュースがLee Morgan射殺さるだった。存命ならばどんな演奏を聞かせてくれただろうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。