my favorite jazz cd

you and the night and the music

TIME REMEBERED/BILL EVANS

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


disk unionのwebサイトを見ていたとき見つけて即注文。
今日現在ではもう入手不能。

ジャズに関連した映像では近年最高。
MMILES AHEADやBORN TO BE BLUE なんてもう見なくとも良くなります。

途中一服することすら忘れさせる映像の連続です。
Village Vanguard の様子も見ることができますし、今まで見た言のないBill Evans のさまざまな映像も見られます。

Jazzの凄さ、Milesの凄さ、そしてBill Evansの凄み、素晴らしさ、それ以上に感じたことは今はまだ言葉に表せません。

半世紀近くにわたってJazzを聴き続けてよかった、Bill Evansを聴き続けてよかった、これからももっと、もっとJazzを、Bill Evansを聴き続けようと思わせる映像でした。



※日本語字幕がありますのでわかりやすいです。日本語字幕はoffにすると現れ、onにすると消えるのはpower dvd のせい?

turn out the stars/bill evans

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


以前、新品CDをamazonでたいした金額でなく買ったけれど、今は中古でたまにみかけるくらい。
mp3にして一枚のCDに焼き、車を運転するたび聴いている。

Autumn Leaves、この曲は晩年、あまり数多く演奏していないですね。
Your Story,Bill's Hit Tune,Days Of Wine And Roses,Nardis なんかは最後まで演奏し続けていますが。

The Shadow Of Your Smile,What Are You Doing The Rest Of Your Lifeなんかは晩年まったく演奏していないですね。
トリオのメンバー構成が曲想に合わなかったということなのか、その辺りを研究している人はいないのでしょうか。

オリジナル盤だとか、音揺れだとかばかり追求していて、音楽そのものはどこかへ置き去りにした人ばかり。

What Are You Doing The Rest Of Your Life?

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

buenos-aires-1973-vol2.jpg
What Are You Doing The Rest Of Your Life?
これからの人生、なんて訳しちゃいけない。

これはなんといっても
What Are You Doing The Rest Of Your Life?
そのままでしょう。

これからの人生、ではこの曲の深みが出てこない。

Bill Evans のこの曲の演奏、他には
half-moon-bay.jpg 

もう一枚、
bill-evans-paris-1972.jpg 

どれもいいです。
一時期、よく演奏したようだけれど、
Turn out,Consecration,Last Waltz では聴くことができない。
The Shadow of Your Smile も同様に、後年まで演奏し続けることはなかったようだ、アルバムで聴く限りでは。

Bill Evans の演奏を年代で整理したら面白いでしょう。

あらためて
What Are You Doing For The Rest Of Your Life?

聴けば聴くほど沈潜します。

もう一枚、ここでも聴くことができます。
the-secrete-sessions.jpg 

さらには
momentum.jpg 

時期が同じようですね。最後のトリオでは演奏していないようです。

Consecration 今夜は我が家がキーストンコーナー

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


8枚組ともなると、なかなか通して聴くのも容易ではない。
PCのハードディスクがカリカリと音を出し始めたので1Tのものに変えたついで、Bill Evans のBoxもの Consecration,The Last Waltz,Turn Out The Stars,The Secret Sessions これら全てを itunes に取り込んだ、もちろipodにも転送。

オーディオ装置で聴けばいいのだが、ちと面倒。PCにオーディオテクニカのポータブルアンプを接続してヘッドホンで聴いている。

深夜自分だけのライブハウス。
音の歪み、ピッチ、そんなことは気にならない。

全集本もそろえるのはそう難しくはない、お金と探す根気があれば、CDとても同じこと。
問題は読むか、聴くか。
通して読む、聴くは難しい。ならばitunesに取り込んだものを一覧で曲を見ながら聴いてみる。
その中で気に入ったものをオーディオ装置でじっくりと聴いてみよう。


Miles Ahead Blue Ray 見たけれど、感想はBorn to be Blue を見てから。

further conversaions with myself

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

further-conversations with myself
conversations with myself よりこちらのほうが好き。
高校のとき初めて聴いたという思い出と、大好きなthe shadow of your smile を演奏しているから。
ただそれだけの理由。
人の評価はまったく関係ないのであります。

unknown sessions の8枚組みもthe shadow of your smile を演奏しているから手に入れたんです。

今国内で手に入るCDは下の画像のデザインのもの。
further.jpg 
アルバムジャケットが全体では無いので面白くないですね。輸入盤にはこういったものが多々あるようです。

Bill Evans ならこれを聴けと、大上段に振りかぶり、著書まで著して独りよがりの批評家もいらっしゃったようだけれど、
音楽は個人的体験、感動ということを忘れて人に自分の好みを強制しようとする方が多すぎる、と思いませんか。