my favorite jazz cd

you and the night and the music

TIME REMEBERED/BILL EVANS

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


disk unionのwebサイトを見ていたとき見つけて即注文。
今日現在ではもう入手不能。

ジャズに関連した映像では近年最高。
MMILES AHEADやBORN TO BE BLUE なんてもう見なくとも良くなります。

途中一服することすら忘れさせる映像の連続です。
Village Vanguard の様子も見ることができますし、今まで見た言のないBill Evans のさまざまな映像も見られます。

Jazzの凄さ、Milesの凄さ、そしてBill Evansの凄み、素晴らしさ、それ以上に感じたことは今はまだ言葉に表せません。

半世紀近くにわたってJazzを聴き続けてよかった、Bill Evansを聴き続けてよかった、これからももっと、もっとJazzを、Bill Evansを聴き続けようと思わせる映像でした。



※日本語字幕がありますのでわかりやすいです。日本語字幕はoffにすると現れ、onにすると消えるのはpower dvd のせい?

turn out the stars/bill evans

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


以前、新品CDをamazonでたいした金額でなく買ったけれど、今は中古でたまにみかけるくらい。
mp3にして一枚のCDに焼き、車を運転するたび聴いている。

Autumn Leaves、この曲は晩年、あまり数多く演奏していないですね。
Your Story,Bill's Hit Tune,Days Of Wine And Roses,Nardis なんかは最後まで演奏し続けていますが。

The Shadow Of Your Smile,What Are You Doing The Rest Of Your Lifeなんかは晩年まったく演奏していないですね。
トリオのメンバー構成が曲想に合わなかったということなのか、その辺りを研究している人はいないのでしょうか。

オリジナル盤だとか、音揺れだとかばかり追求していて、音楽そのものはどこかへ置き去りにした人ばかり。

Chet Baker LIKVE FROM THE MOONLIGHT やっと発売

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


やっと発売なりました。
CHET BAKER ESTATE から最近再発売されたものとHMVを通して再発売されたものはジャケットにトランペットのイラストがあるという違いのほか、CDの盤面がGOLDからWHITEに変わっています。
一番違うのは音。

以前のものは、初回のCDを含め、かなりおとなしい音でしたが、今回の輸入盤はかなり荒々しく聴かせてくれます。(単に大き目の音に設定されているのかも知れないけれど、こっちはただの素人、そう聴こえただけ。)

つい最近、久しぶりにマンハッタン・ジャズ・クインテットを聴いてみたのですが消化不良。こりゃジャズの皮かぶった金儲けのための音だ、と思ったしだい。スティーブ・ガッドなんか偏平足で踏み鳴らすようなドラムの音を出すし、Michei Petrucciani との演奏ではいい方向で音を出していたのに。

ここでこういったすばらしい演奏を聴くとマンハッタン・ジャズ・クインテットのCDなんかゴミ箱に捨てても惜しくないですね。


HMVで再発が発表されてからもヤフオクで高額で出品、入札した方々もいらっしゃいました。
情報はまめにチェックしましょう。

廃盤が頻繁にオークションに出るときは要注意。

でもこのCD、一年を待たずに幻となるでしょう、必ず。

Chet Baker Live From The Moonlight CDついに復刻

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback

chet-live-from-the-moonligh.jpg 
またしてもChet Baker Live From The Moonlight
最近ヤフオクでちょいちょい見かけるのでもしかすると近々再発されるのではないかと思っていたところやはり。
ローチケHMV限定復刻盤で7月再発されるようです。
おそらくあっという間になくなり市場に出回るのは一瞬と思われます。
ほんと、いいですから聴いて損はありません。
手元にありますけど、もちろん予約しました。予備盤として。

でもこういった情報、ヤフオクの出品者、知っていたとすればどっから手に入れてくるんでしょうね。

神保町、香りに誘われ穴子海老天丼

Posted by starraney on   0 comments   0 trackback


ピントが合っていないけど、これは筆者と同じ。
神保町でカレーを食べようか、とボンディまで行ったら昼前なのにもう行列。
並んでまでカレーを食べなくともいいや、とすずらん通りを東京堂書店を冷やかしながら歩いていたらなんともいえないいい香り。
看板には穴子海老天丼。この香りをかいで食さずにいられりょか。

予備知識もまったくなく入ったものだから、素直に美味かった、満足。

また東京まで出て行ったのは、もう一度バベル、いやそれよりもボスを見たかったため。
The-Pedler.jpg 
放浪者、今を逃すともう見ることができないと思い再訪。
しばらくこの絵の前から動けませんでしたね。

それからもうひとつは、重文の風神、雷神が東博で公開されているため。

raijin.jpg 

fuujin.jpg 
一年中いつでも見ることができるわけではないの公開時期をまめにチェックしないといけない。
何度も何度も屏風の前を右へ左へとうろちょろしました。

そういえば東博のそばに昔の京成電鉄の駅跡がありましたね。
ずっと気になっていた、確か上野に京成の古い駅があったようなとずっと気になっていたのですがやっと解決しました。
keisei-eki.jpg 
この京成旧駅舎の前で上島珈琲の黒糖ミルクコーヒー、アイスで。
のどが渇いていたから美味かった~。
kokutou.jpg

その後は40年ぶりに谷中銀座へ
yanaka.jpg 
40年前に訪れたときはまっさらな下町の商店街といったところだったけれど、今はかなりの観光地化。
良いとも悪いともいいませんが、自分も観光者と同じだから。


一日の最後に再び千歳烏山ラグタイム。
ragtime.jpg 

都心の今風のおしゃれなジャズを聴かせる店よりはこういった味わいのある店のほうが好きですね。
一年振りなのに、私のことを覚えてくれていました。

今日は絵日記風に書いて見ました。